疑問解消

r.jpg
左なのにR。
でも同じパーツじゃないし、、なぜ???と思われているムーンスーツ組立作業中の皆様。
複製作業用に付けられた印なので、気にせず組んで下さい。
もしも組立ててみて問題があれば交換しますので、遠慮なく連絡下さい。
なおデカールが付いてないキットが、どなたかのお手元にあるのですよ。
オレオレ、と気付かれましたら御一報を〜 お腹の数字は重要ですよ〜
スポンサーサイト

塗装

0_201702181631157d9.jpg
ギリギリ過ぎて、写真を撮ってる余裕もなかった、、
1_20170218163343464.jpgライフ誌のポーズ版
2_20170218163515462.jpg月の石ゲット版
3_201702181636292b5.jpgディスプレイ作業にすすむ

組立

まずは下準備。
01_20170216165919189.jpg クリアパーツの余分な部分をカットし
02_20170216170156268.jpg03_20170216170445a95.jpg
コンパウンドでよく磨き、コーティングポリマーで仕上げると
かなりクリアになります。
04_201702161707377e7.jpg05_20170216170753aa9.jpg
06_2017021617090676f.jpg 塗装にすすむ

1962年のムーンスーツプロトタイプ

life.jpg
ディスプレイ用のキットの組立、塗装はワンフェスぎりぎりになりそうなので
この辺りでムーンスーツのことについて、ちょっとご紹介します。
この月面宇宙服、マテル社から1966年に発売されたメジャー マット メイスン
(日本ではスペースマン)で知ったという人が多いと思いますが、米ソ冷戦下で
白熱していた宇宙開発競争の真っ最中の1962年、NASAの月面探索の為に
Allyn Hazardによって考案されたものです。プロトタイプが作られ
カリフォルニアのモハベ砂漠で撮られた写真は1962年4月27日発売のライフ誌
表紙を飾り大きく紹介されました。月へ行くことはありませんでしたが
スペースエイジ特有のユニークな形でたくさんの人を魅了しています。

Grumman moon suit 7

201610171044321ea_20170128172846e42.jpg
インスト完成〜
s1_20170210231807b8c.jpgs2_20170210231844d57.jpgsp1.jpgsp2.jpg
r1_20170210231624d47.jpgr2_20170210231641b5b.jpgrp1.jpgrp.jpg
やった〜袋詰め終わった!と思ったら、デカール袋発見、、、入れるの忘れてた。
DSC05720.jpg
振り出しに戻って
pack_201702132034101f7.jpg
プロフィール

walter

Author:walter
BDカラリスト
(フレンチコミックの彩色家)

ヴィンテージコミック、キット、
トイが大好きな日本在住の
フランス人です。
2010年2月からオリジナルモデル
キットはFuturisticシリーズ、
スケールモデルはModern age kits
シリーズとしてスタートさせ、
様々なアーティストとコラボしつつ
現在までに20種類のキットを製作
販売しています。

お問い合わせ、ご質問、ご提案等々
walter@jupiter.ocn.ne.jpまで
お気軽に日本語でメール下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR